曜変天目茶碗「天王寺屋」騒動

堺の豪商一族に伝わった奇跡の茶碗。500年の時を経て世に出る前に、75歳の資産家を手玉に取るブローカーの餌食。

2013年6月号 DEEP [妖しき虹色の「災厄」]

  • はてなブックマークに追加

茶碗の内側に強い光を当てると、それまでぼんやりしていた大小の斑点が、にわかに七色の虹の輝きとなって眼を射る。万華鏡のような変化は、入窯の際の温度差で生まれるが、「窯変」は美しい輝きを意味する「曜(耀)」の字が当てられて「曜変」となり、中国の天目山に由来することから「曜変天目茶碗」と呼ばれるようになった。現存が確認されている4点はいずれも日本にあり、うち3点は国宝、1点が重要文化財に指定されている。そのうち静嘉堂文庫美術館所蔵の「稲葉天目」は、徳川将軍家から淀藩主稲葉家を経て、三井の小野哲郎、三菱の岩崎小弥太に渡ったもの。小野が大正7年に求めた時の価格が16万8千円。当時の1円は現在の1万円。時価16億8千万円となる。4点は、いずれも中国福建省建陽市にあった建窯で、12~13世紀の南宋時代に製作されたといわれている。同時期、同じ福建省の茶洋窯で制作された ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。