晩節汚す東芝会長の「仕返し人事」

経団連会長の芽が消えた西田会長は怨念の塊。佐々木副会長を干し上げ、首脳部は内紛状態。

2013年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

東芝社内で「異例の人事」が物議を醸している。昨年6月の株主総会で副社長を退き、常勤顧問に退いた室町正志(63)が1年で一線に復帰。「退任した副社長が翌年取締役に復帰するのは初めて」(東芝役員)という。室町は現会長の西田厚聰(あつとし)(69)が社長だった当時の右腕。西田が半導体と原子力発電システムを東芝の二枚看板に据える経営方針を示した際に、半導体部門のトップを務めた。ところが、2009年に西田が社長を譲ったのは、もう一枚の看板である原子力部門を率いていた佐々木則夫(63)だった。平たくいえば室町は社長レースに敗れ、本社を去った。その室町が、なぜ、取締役に復帰したのか——。社内では「来年の株主総会後に会長になる布石」と、まことしやかに囁かれている。

甘利経財担当相が「一本釣り」

そもそも2月に東芝は西田が会長に留任し、新社長に副社長の田中久雄(62)が就く人事を発表した。社長の佐々 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。