消費税増税「来年スキップ」浮上

英国の二の舞いを避けよ。マネーストックは2年後の経済を決定する。インフレ目標を達成してからでいい。

2013年6月号 BUSINESS [アベノミクスの試金石]

  • はてなブックマークに追加

絶好調のアベノミクスであるが、その死角は消費税増税だろう。現行5%の消費税は、今のところ2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げられる予定だ。安倍晋三首相は、昨年の自民党総裁選と12月の総選挙で「税収が減るようなら、消費税増税はしない」と述べている。やるともやらないとも言っていない。この点、消費税増税に前のめりの自民党内と一線を画している。また「消費税増税こそ経済成長」と盲信した前民主党政権とも差別化している。ただ、ここにきて景気の好調さを背景に、増税に向けて包囲網が着々と敷かれている。安倍首相も「増税できるような経済環境」と言いだした。果たしてこのタイミングで、消費税増税は正しい政策なのか。「消費税増税で財政再建ができる」というのが、増税に執念を燃やす今の財務省のロジックだが、これは経済原理に反している。財政再建に最も有効なのは、経済成 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。