自衛隊に「原発」を守らせよ!

警察の縄張り根性で原発警護から外される自衛隊。軍事攻撃を想定に入れぬ平和ボケ。

2013年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

千年に一度の大津波が、福島の「イチエフ」(1F=東京電力福島第一原子力発電所)にもたらした事故は、国家が放射能汚染で大混乱することを世界に知らしめた。それと同じくらい、またはそれ以上の破局を、人間の原発攻撃は引き起こせる。できる限りの備えをするのが国家の義務であるはずだ。ところが、今の日本では、そんな当たり前のことが実行されない。警察は、全国の原発に「原子力関連施設警戒隊」を設け、比較的少人数のテロリストによる襲撃への対策を講じているが、これは、とるべき原発警護の一部に過ぎない。警察の装備はサブマシンガン(機関拳銃)程度で、犯罪レベルのテロにしか対抗できないからだ。それ以上の攻撃、即ち大規模テロ攻撃や軍事攻撃があれば、警察だけで守り抜くことは不可能だ。ロケット砲や軽迫撃砲を持つ特殊部隊、工作員が急襲すれば、いくら警察官が勇敢でもひとたまり ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。