高山実刑判決で暴力団「終わりの始まり」

山口組六代目を支える「ナンバー2」高山若頭への厳罰で、ついに暴力団が食い詰める時代に入った。

2013年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

3月22日、六代目山口組ナンバー2の高山清司若頭に懲役6年の実刑判決が下り、これで広域暴力団が壊滅への道をたどることは確実となった。衰退ではなく壊滅——。数年前まで山口組幹部だった元組長が率直に言う。「もう暴力団では食えません。月に70万円の上納金すら払えず、子分から1万円の会費を取っておる組長もおれば、(山口組内最大組織の)山健(組)から借りとるのもおる。(直系組織組長である)直参の3割は引退したいんとちゃうやろか」2012年版警察白書によれば、暴力団の構成員と準構成員の数は、1年間で8300人減り、7万300人となった。このペースなら10年で消滅する。先の元組長が続けて語った。「みんな、カネ払いがようて、いい女を連れて、いい車に乗り、男を売る組の幹部に憧れて若いモンになったんや。食えんで、貧乏して、組の名前を出したらパクられる時代になって、なんでヤクザをやっ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。