2ちゃん「ひろゆき」が警察に逆襲

なりすまし事件を横目に、ついでの家宅捜索に国家賠償訴訟。訴状で捜査員名指し糾弾。

2013年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ネット掲示板「2ちゃんねる」の生みの親「ひろゆき」こと西村博之と、何が何でも彼を仕留めたい警察の“ドッグファイト”がいよいよ熱を帯びてきた。3月28日、ひろゆきは意外な男の傍らにいた。あの「ホリエモン」堀江貴文である。堀江がライブドア社長だった時代、近鉄やニッポン放送買収を画策して有頂天になっていたが、やがてマネーゲームの亡者と化し、2006年に証券取引法(現金融商品取引法)違反で摘発された。堀江は長野刑務所に1年9カ月服役して仮釈放され、東京に戻ったばかりですぐ合流したのがひろゆきだった。下獄前はモヒカン刈りにするなど「反権力」を誇示していた堀江だが、この日の会見では「社会に迷惑をかけたことを謝罪したい」と殊勝だった。実はこの会見、ニコニコ動画がお膳立てした。ひろゆきはニコ動を運営するニワンゴの役員を2月まで務めていたから、彼にとっては自ら働きか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。