オリンパス「復帰」吹っ飛ぶ時限爆弾

巨額の賠償訴訟に加え、工場監査が不適切とされたら、欧州で製品が売れなくなる。

2013年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

4月11日午前11時、東京地方裁判所601号法廷で、オリンパスを被告とする民事訴訟の口頭弁論が開かれた。原告は都内在住の個人投資家で、巨額の損害賠償請求の陰に隠れてあまり知られていないが、株主総会での決議取り消しを求める内容で、株主総会での説明に虚偽の内容が含まれていることを証明し、役員の選任をはじめとする決議を覆してしまうのが目的だ。原告はオリンパスの泣きどころである英ジャイラス「のれん代」問題を鋭く突いている。「のれん代が適切に計上されておらず、オリンパスの元役員は株主総会で虚偽の説明をした」と主張。ある大学院大学の教授もその意見書で「のれん代は定められた償却が行われていない」「500億円前後の金額は、不正に財務諸表に計上されている可能性が高い」と指摘している。

「改竄」で存亡の危機

筆者も意見書を読んだが、論旨は明快かつ堅牢だ。被告側の弁護団がタジタジになったの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。