コメさえ危ういTPP対策本部

首相の手柄になるはずが、例外5品目の獲得は絶望的。日本にとって最悪のシナリオも。

2013年5月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に臨む政府のTPP対策本部(本部長・甘利明TPP担当相)が発足した。安倍晋三首相は、交渉力を発揮して国益を守ると意気込むが、タフな米通商代表部(USTR)に立ち向かう「日本版USTR」と胸は張れない。看板倒れが懸念され、過大な期待は禁物だろう。「ようやく、対外交渉と国内調整で優秀な2人を事務方トップとする体制ができた。日本の国益をしっかりと踏まえ、最大限の力を発揮したい」首相官邸向かいの内閣府本府4階。4月5日、真新しい「TPP政府対策本部」の看板を掛けた甘利氏は抱負を述べた。首相がオバマ大統領との日米首脳会談で「聖域なき関税撤廃が前提でない」と確認したことを踏まえ、3月15日にTPP交渉参加を表明してから約3週間。対策本部立ち上げが少しもたついたためか、甘利氏は安堵感も隠せない様子だった。

「貧乏くじコンビ」に同情論

対策本部は、首相、麻生太郎副総理・財務相 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。