ソニー「リストラ部屋」の人材殺し

惨めな「追い出し部屋」配属が150人を突破。イントラネット上で全員の氏名が晒され、一日も早い「卒業」を迫られる。

2013年5月号 BUSINESS [ 「イントラネット」残酷物語]

  • はてなブックマークに追加

イントラネットは、肥大化した企業のネットワークであると同時に、グループ社員に向けた会社の「顔」である。ソニーの場合、イントラネット「inter sony」で、トップや幹部たちのブログ、メッセージ、ニュース、連絡事項を流してきたが、最近、inter sonyを開くのが嫌になった、という社員たちが増えているという。そこに、経営に立つ者たちの感受性の劣化を感じ取っているからだ。もし、経営者たちが感覚の鈍磨を覚えていないとしたら、それこそが会社の危機なのだ。この春、ソニー社内の話題は、東京の「キャリアデザイン推進部」に配属された人たちが、とうとう150人を突破したことだった。表向きは「社員のスキルアップや求職活動を行わせる」ことになっているが、社員たちは「リストラ部屋」と断言する。マスコミの言葉では「追い出し部屋」だ。40歳を超えた社員たちが「あそこには絶対に行きたく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。