「インフレ目標」わが23年戦記

黒田日銀の「異次元緩和」でついに大願成就。89年バブル崩壊の号砲以来の茨の道を、高橋洋一教授が語った。

2013年5月号 BUSINESS [高橋洋一vs日銀理論]

  • はてなブックマークに追加

4月4日、黒田東彦日銀総裁のもとで初の金融政策決定会合が開かれ、物価上昇率2%を2年間で達成するために、マネタリーベースを2倍にすると決めた。政策の大転換である。日銀発表文ではマネタリーベースを138兆円から270兆円とするので、1年分でみれば70兆円程度の増加になる。本誌3月号の筆者の寄稿ではインフレ目標2%のために「80兆円のマネタリーベースの増加」とすでに書いており、ほぼ同じ数字だ。日銀の審議委員や事務局は従来とは180度違う政策をあっさり認めた。オセロゲームの黒が一気に白に変わったようで、「白」川日銀から「黒」田日銀へと鮮やかに変化したのである。

営業特金「角谷通達」が発端

だが、筆者には長い道のりだった。日銀の金融政策に最初に疑問を持ったのは、1980年代バブルのピーク時にさかのぼる。当時は大蔵省(現財務省)証券局業務課に在籍していた。日本経済新聞記者が「営業特金」を詳しく取材 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。