三菱「痰壺」ファンドの原罪

本誌追及で沈黙したフェニックスが怪しい動き。その「原罪」の三菱自動車で、優先株のパンドラの箱が開いた。

2013年5月号 COVER STORY [ポスト円滑化法の蠢き]

  • はてなブックマークに追加

日本IBMのOBが逮捕されたニイウスコーなど、投資先企業の粉飾決算に手を貸した疑いがあると本誌(昨年7、8、9月号「メガバンクの仮面」参照)が追及した“札付き”ファンド、三菱東京UFJ銀行(BTMU)系のフェニックス・キャピタル(三村智彦代表)が、またぞろ蠢(うごめ)き始めた。3月15日、官製ファンドの企業再生支援機構(同18日から「地域経済活性化支援機構」)は、保有する金型大手・富士テクニカ宮津(本社静岡県清水町、和久田俊一社長、ジャスダック上場)の株式をすべてフェニックスに売却すると発表した。全議決権株の約75%にあたるため、フェニックスのPCP9投資事業有限責任組合が3月18日~5月7日に株式公開買い付け(TOB)を実施し、支援機構が応じる形で譲渡する。支援機構は支援期限の3年を今年9月に控えて、買い手を探していた。日本経済新聞は「支援機構は複数の買い手候補と交渉して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。