イラン制裁「風穴」に中国融資

米国の制止を振り切り、パキスタンがパイプラインを建設するのは5億ドルあればこそ。

2013年5月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

パイプラインの起工式に臨んだイランのアフマディネジャド大統領(左)とパキスタンのザルダリ大統領(3月11日、チャバハール)AFP=Jiji3月11日月曜、パキスタンのアシフ・アリ・ザルダリ大統領、イランのマフムード・アフマディネジャド大統領は、イラン南東の国境近くの町チャバハールで拍手喝采に包まれていた。イラン産天然ガスをパキスタンに輸送するパイプラインの起工式が盛大に行われたのである。超大国アメリカは、イランの核開発を阻止しようと経済制裁を強化し、パキスタンに対してもこのプロジェクトへの懸念を強く表明していた。にもかかわらず、パキスタンは公然とアメリカに反旗を翻したのだ。電力不足に苦しむパキスタンにとって世界最大級のイランガス田につながるパイプライン建設は長年の懸案だった。正式調印にこぎつけたことで、米国からの経済制裁など意に介さないと明確な意思表 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。