パナソニック「長栄会長」抜擢の真相

会長の座を狙った創業家の松下正幸副会長。その画策を封じ込めた「仰天人事」の裏側。

2013年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

2期連続で7500億円を超える最終赤字を計上するパナソニックが3月28日、2016年3月期までの中期経営3カ年計画を発表した。テレビや半導体など5つの事業で赤字を解消し、営業利益で13年3月期見込みの2.5倍となる3500億円以上を稼ぎ出す目標を掲げた。空虚な数値目標はさておき、耳目を集めたのは、続投するはずの大坪文雄会長が突如、特別顧問に退くという仰天人事だった。パナの社長は交代すると、会長に座るのが慣例だ。大坪は社長任期の最終年度である12年3月期に巨額最終赤字を出した。本来なら経営責任を問われるところだが、現社長の津賀一宏を後継指名し、慣例にしたがって自らは会長に就いた。「どれだけ厚顔無恥なんや」当然ながら、パナのOBなどから「大坪批判」が半ば公然と噴出した。1年後の「異例の退任」は、OBらの反発に耐え切れなくなった大坪と、その後見人である相談役の中村邦夫が、事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。