大物財務官僚の「天下り」が「生き残り策」の大和証券

2013年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大和証券グループ本社の社外取締役に元財務事務次官の津田廣喜・早稲田大学大学院公共経営研究科教授が6月26日付で就任する。大和証券グループには、津田氏の先輩で日銀副総裁を務めた武藤敏郎・大和総研理事長がおり、財務次官経験者2人が顔を揃えることになった。さらに、昨年から大和証券グループ本社顧問を務めていた元財務省国際局次長の岩下正氏が4月1日付で傘下のネット銀行の大和ネクスト銀行の非常勤取締役に就任した。岩下氏は大蔵接待汚職で躓き、財務総合政策研究所長を最後に退官したが、首相秘書官や駐米公使を経験するなど将来の財務官候補と目された逸材である。その岩下氏が、金融庁が不快感を示す高めの金利を謳い文句に預金を集めるネット銀行のボードメンバーに名前を連ねたのだ。昨年、野村ホールディングスがインサイダー事件や経営改善問題などで、豪腕・畑中龍太郎長官率いる金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。