ユーロ高で「FISH」慢性病

日米経済の回復に比べ、欧州だけ置いてけぼり。緊縮というドイツの「拘束衣」を着ても、ちっとも経済が浮上しない。

2013年4月号 BUSINESS [ドイツ式緊縮に逆らって]

  • はてなブックマークに追加

「豚」の次は「魚」――フルコースのメニューではない。政府債務問題に苦しむ欧州5カ国(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)の頭文字をとってPIIGSと名付けた市場スズメたちが、今度は問題国の焦点を「FISH」に当て始めた。イタリアのI、スペインのSはもうお馴染みだが、欧州の中核国であるフランスのF、そこにケチで有名だったオランダのHまで仲間に加わったのだ。マリオ・ドラギ総裁率いる欧州中央銀行(ECB)による銀行と問題国への支援で、何とか一息ついたかにみえるユーロ圏諸国を蝕(むしば)むのは、緊縮財政という軛(くびき)である。ユーロ圏の仕切り役ドイツが他の加盟国に緊縮財政という“拘束衣”の着用を求める限り、欧州はデフレのフロントランナーだった「白川日銀」の道に迷い込みかねない。まずはI。コメディアンの話から始めよう。古代ローマ人を思わせるもじゃ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。