ドコモ、新スマホOS「Tizen」に血路

新たなスマホOS「Tizen」と「ファイアーフォックス」が登場。ドコモ、KDDIは脱「土管化」に淡い期待。

2013年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

NTTドコモやKDDIなど携帯電話キャリアが支配的な立場を失って5年が経とうとしている。2008年に国内でソフトバンクモバイルが米アップルの「iPhone」を発売してから通信業界の力関係は様変わりした。端末からソフトウェア、課金まですべてを支配するアップルに振り回され、携帯電話会社は「お伺いされる立場」から「お伺いする立場」へと転落した。コンテンツ・プロバイダー(CP)が、圧倒的な力を持っていたドコモの「iモード」に自社コンテンツを掲載してもらうため、足繁くドコモ参りを続けていたのも今は昔。彼らが一喜一憂する相手はアップルや米グーグルへと変わり、携帯キャリアの存在感は見る影もない。これは何も国内だけの話ではない。海外携帯キャリアもまた同じように、「土管化」を余儀なくされ、最も稼げるコンテンツ収入をアップルやグーグルに奪われた。この怨念たるや凄まじいものがあ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。