アサツーDK 外資の餌食「妖怪人間ベム」

広告業界3位だが、電通・博報堂に追いつこうと、世界一の広告会社WPPと組んだのが仇。50億円の特別配当を迫られ「無血開城」。

2013年4月号 COVER STORY [企業スキャン]

  • はてなブックマークに追加

「はやく人間になりたい!」でき損ないの人造人間ベム、ベラ、ベロの3人は、ふだんは人間の外見だが、魔物と戦えば、醜い妖怪の姿をさらす悲しい生き物。正義をなせば人間になれると信じて、さすらいの旅を続ける――そんな連続ドラマ『妖怪人間ベム』が、11年10~12月に日本テレビで放映され、昨年映画化された。主演はジャニーズの「KAT-TUN」亀梨和也。平均15.6%の視聴率は、アイドル亀梨だけでなく、原作アニメの不思議な人気によるものだろう。もとは1968~69年、安田講堂事件など学園紛争のピーク時に、フジテレビ系列で放送された全26話のアニメ。20%を超す高視聴率だった。時代を映したのか、ストーリーも画面もとにかく暗かった。韓国で作画された逆輸入アニメだったせいで、キャラクターも無国籍風。その違和感がかえってウケたらしい。それから44年、実写版ドラマもヒットしたのだが、裏で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。