原発依存症「関電」に株価不安

関電債の利回りが突出。活断層問題が浮上し、市場から資金調達の道を閉ざされた。

2013年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

関西電力が電気料金値上げの関門をクリアした。経済産業省の電気料金審査専門委員会の会合は10回に及び、値上げ時期は関電が希望する4月には間に合いそうにない。値上げ幅も申請した11.88%から1ポイント程度圧縮されることになった。消費者庁の検証でさらに削られる可能性もある。だが、関電にとっては想定の範囲内だろう。委員会に消費者団体の関係者がオブザーバー参加したこともあり、人件費は厳しく査定された。関電が16%減らすとしていた社員の平均年収は、追加で削減を求められた。従業員1千人以上の大企業の平均と、ガス・水道・鉄道の3業種の平均を足して2で割るという珍妙な計算式から出てきた年収は627万円。現状の790万円から比べると21%下がる。だが、ここには残業代は含まれていない。残業代まで入れると699万円になるから、国民の感覚からするとまだ恵まれている。しかも、人件費のカ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。