ネオン街の丸源オーナー川本源司郎は「死んだら物納」

2013年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

東京地検は「ネオン街の大家」として知られる丸源グループオーナーの川本源司郎(81)を法人税法違反(脱税)容疑で逮捕した。「ハワイ焼け」した精悍な容貌とちょいワル系ファッションに身を包んだ姿は生涯独身の哀れな独居老人のイメージとは程遠い。逮捕当日も定宿のホテルニューオータニで悠然と朝食を摂り、押しかけたマスコミに強気の姿勢を崩さず、特捜部がホテル内に用意した部屋に消え、そのままお縄になった。北九州・小倉から東京に進出し、短期間で成功した背景には「地元の裏人脈が銀座の裏社会とハナシをつけた」という風説まで飛び交う。実際、地元関係者は「もともと法律を素直に守るタイプではない。ビルの容積率をごまかしたり、隣との境界線でもめたり、ゼネコンに難癖をつけてカネを払わず、倒産させたり。大富豪でありながら、わずかな町会費も請求ミスに付け込んで払わず、ビルの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。