脱税疑惑「ほけんの窓口」今野社長の崖っぷち

2013年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

来店型生命保険ショップの最大手、ほけんの窓口グループが揺れている。同社は昨年より、上場に向けた準備に入っており、大々的なテレビCMの展開、渋谷の新名所「ヒカリエ」への入居などはそれを見越してのことだったといわれる。ところが「週刊ダイヤモンド」が、同社の今野則夫社長が国税庁に脱税容疑で査察を受けているため上場は無期限延期と報じ、業界に激震が走った。今野氏の容疑は資産管理会社の不動産取引に関係した消費税法違反で、脱税額はおよそ2千万円とみられる。金額そのものは小さいが、同社は過去に何度も調査対象に上っており、国税庁は悪質度が高いと見て厳しく追及したようだ。この報道を受けた今野氏は、「フライデー」の誌上で「知人のアドバイスに従って不動産を購入した。修正申告する話になっている」と弁明。ライバル企業からは「フライデーの追及は甘く、講談社との間で広告 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。