中国がインド洋に「出口」軍港

中東からのアクセスに、ミャンマールートを塞がれパキスタンを「買収」。新グレートゲームが始まった。

2013年4月号 GLOBAL [カラコルム・ハイウエーとグワダル港]

  • はてなブックマークに追加

あれは2011年8月13日、土曜だった。中国駐在のパキスタン大使、マスード・カーンが北京で筆者を含む一部ジャーナリストに会い、こう囁いた。「パキスタン政府はね、中国に南海への通路としてグワダル港……中東やインド洋経済圏へのゲートウエーを与えようかと考えているんだ」。面白いことに当時、大使の言葉を誰も本気にしなかった。それから1年半後の今年2月18日月曜。中国が凱歌をあげる日を迎えた。パキスタンの戦略要衝であり、中東からの原油輸送ルートであるホルムズ海峡へ抜けられるグワダル港を掌握したのだ。この日、イスラマバードの大統領府で行われた式典に、大統領アシフ・アリ・ザルダリも出て、深海港グワダルの運営権を中国に委ねると記した文書に調印した。大統領は調印式後、グワダルが「低迷するパキスタン経済に新しい血をそそぐ貿易商業の中心」に早くなるよう期待していると述べ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。