杉本和行公取委員長は「安倍サポーター」

2013年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨年9月から空席だった公正取引委員会委員長に、杉本和行元財務次官(62)が就任した。第二次世界大戦後の1947年に公取委が米国をモデルに発足して以来、23代目の委員長である。「独占禁止法を厳正かつ適切に執行する。競争なくして成長なし、です」。競争政策の司令塔となる杉本新委員長は、就任会見でこう抱負を語った。与野党対立で国会同意人事の手続きが迷走した末、ようやく委員長に就任できた。竹島一彦前委員長が好んで使った「競争なくして成長なし」を“踏襲”したのも、名委員長と評判だった前任者にあやかりたい気持ちの表れだろう。杉本氏以上に、高揚感を隠せないのが財務省である。旧大蔵省と財務省出身の公取委員長は、竹島氏に続いて11人目だが、次官OBを送り込めたのは、小粥正巳氏以来、5人目、約17年ぶりだ。財務省はかつて、日銀総裁、東証理事長、公取委員長を大物次官OB天下りの「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。