徳洲会「内紛」に特捜動く

徳田虎雄の“股肱の臣”とファミリーが暴露合戦。政治家ゾロゾロと「疑惑の宝庫」。

2013年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

日本最大の医療法人「徳洲会」の理事長で政治団体「自由連合」を率いる徳田虎雄と、その「金庫番」の能宗克行――。竹下登と青木伊平、金丸信と生原正久など、永田町で資金力のある大物政治家には、必ずカネを扱う“股肱(ここう)の臣”の大物秘書がいて秘密を共有する。この二人もそうしたコンビだった。徳田は、徳洲会で使用する医療機器の販売やリース、院内の物流販売に至るまで、すべてにファミリー企業を絡ませ、利益を抜いては、累計で100億円以上のカネを自由連合の政治活動に投じてきた。

「能宗メモ」83枚の衝撃

その破天荒な徳田が、筋肉が萎縮する難病にかかり、やがて能宗との間に亀裂が生じた。きっかけは、秀子夫人と2男5女に配偶者まで合わせた徳田ファミリーと、「すべてを知る男」との対立。最終的に徳田は、身の回りの世話をするファミリーを選んだ。能宗は、昨年9月、徳洲会専務理事を退任する。それだけな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。