経産省「天下り役員」が「東京商品取引所」を潰す!

2013年4月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

株式から債券、為替、商品先物まで一体的に売買する「総合取引所」の創設は、「アジアナンバーワン市場」を目指す安倍政権の重要政策である。だからこそ、政府は1月の緊急経済対策にも盛り込んでいる。ところが、そのカギを握る日本取引所グループ(1月の東証・大証統合で誕生したJPX)と東京商品取引所(2月に東京工業品取引所が改称)の水面下での統合交渉が暗礁に乗り上げていることを、安倍晋三首相はご存じなのだろうか。金融庁は安倍政権や自民党の意向に従い、総合取引所の早期実現を画策する。だが市場関係者によると、東商取を監督する経済産業省が商品先物業界での権益喪失を恐れ、東商取にJPXとの交渉を事実上ボイコットさせているという。周辺からは、「日本総合取引所が誕生して金融庁・財務省の権益が拡大するぐらいなら、東商取を潰しても構わない」といった強硬論さえ伝わってくる。実 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。