慈恵医大「公募教授選考」は「候補者1人」の出来レース

2013年4月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

高偏差値で知られる慈恵医大(東京・港区)脳神経外科主任教授の選考を巡り、学内外から異論が噴出している。慈恵医大関係者が話す。「普通、大学の主任教授の選考には、最低でも2人は立候補します。山崎豊子の小説『白い巨塔』に描かれている通り、主任教授は講座の責任者として人事、金などの権力を握っており、なり手は大勢いる。ところが今回は候補がたった1人。異例のことです」それだけではない。別の関係者によると「大学の主任教授の選考は広く人材を求める趣旨から、全国の大学、病院に公募するのが原則で、当然、大学のホームページでも募集を告知します。とくにネット時代の現在、ホームページでの告知は必須と言えるのですが、今回はそれすらしなかった。病院勤務の助教授や講師の多くはインターネットで募集を知るのが一般的。異例です」このため慈恵内部はむろん他大学からも不審の声が上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。