参院選「1人区全滅」に震える民主

細野幹事長が「ポスト海江田」に意欲満々。なぜ、昨年末の代表選出馬を固辞したのか。

2013年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

下野した民主党の凋落が止まらない。7月21日に投開票とされる参院選で反転攻勢を目指すはずが、現状のままなら改選定数1の「1人区」は全滅の可能性が濃厚だ。衆院選に続き、参院選でも惨敗すれば海江田万里代表の引責辞任にとどまらず、「解党」がますます現実味を帯びる。だが、その「ポスト海江田」に「あの男」が満を持して名乗りを上げるつもりなのだという。3月7日、衆院予算委員会。民主党は海江田氏、細野豪志幹事長、岡田克也前副総理が安倍晋三首相に対峙した。民主党にとっては「オールスターキャスト」ともいえる三番勝負だったが、首相を苛立たせ、互角に持ち込んだのは細野氏だけだった。その細野氏も突然、大声を上げ、「首相は私を若造といっているのだろうが、傲慢だ」と息巻くなど力みすぎ。傍聴議員があっけにとられる一幕もあったが、無理もない。アベノミクス批判を展開した海江田 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。