朝日新聞が「殻を突き破る」デジタル戦略

2013年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

2013年に入って、朝日新聞が積極果敢なデジタル戦略を展開し始めた。木村伊量社長(60)は新年祝賀会で「デジタル・ネイティブと呼ばれる今の若者たちが、ある日突然紙の新聞を読み始めることは期待できるだろうか」「紙媒体に書くことだけにこだわる記者は数年後には仕事がない、くらいに思っていただかなければならない」などと刺激的な発言を連発。新聞経営に逆風が強まる中、生き残りに向け、社員に奮起を促した。木村社長は今後の課題について、①14年春~15年秋に予定される消費税増税をいかに乗り切るか、②20年頃までを想定した中期戦略、③その先の将来をにらんだ長期戦略――の三つのフェーズ(段階)に分けて説明。フェーズ1では「体力がない新聞社はギブアップして、業界の地図が塗り替わることも頭に入れておく必要がある」と「業界再編」に言及した。フェーズ2では「あくまで朝刊を中心に実配 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。