「リスク付け替え」 商工中金が民業圧迫!

2013年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

政府系金融機関の商工組合中央金庫は東日本大震災でダメージを受けた中堅・中小企業への支援に力を入れている。震災関連の危機対応融資の実行額は震災直後の11年3月から12年9月末までの累計で1兆9千億円を突破。商工中金の関係者は「この融資が復興の原動力となった」と誇らしげだ。しかし、地方銀行からは「商工中金こそ民業圧迫の最たるもの」と悪評が絶えない。「あのビジネスモデルに難がある」と口を揃える。08年秋のリーマン・ショックで世界経済は減速を強いられ、日本の中小企業は深刻なダメージを受けた。民主党と国民新党を与党とする前政権は09年末に中小企業金融円滑化法を施行し、金融界に中小企業の借金の「塩漬け」を命じた。その円滑化法も13年3月末に期限切れを迎え、膨れ上がった融資(事実上の不良債権)をどのように処理するか、100を超える全国の地銀・第二地銀が頭を抱えている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。