中国「反腐」で弾圧と隠蔽の嵐

習近平のキャンペーンに怯える地方が過剰反応。吊るし上げやら事故隠しやら迷走状態。

2013年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国共産党の習近平(シージンピン)総書記が人気取りのためにぶち上げた「反腐」(腐敗浄化)が、早くも迷走状態に陥っている。1月22日、北京で開かれた党中央紀律検査委員会の全体会議で、習は400人以上の高級幹部を前にこう檄を飛ばした。「トラとハエ(高級幹部と基層幹部)を同時に叩き、党幹部の紀律違反や違法行為を断固として取り締まる。さらに、民衆の身近にある不正や汚職を適切に解決しなければならない」しかし、腐敗の毒はとっくに党全体に回っている。清廉な幹部など、ほとんどいないのは公然の秘密。最高指導者の習が反腐を叫べば叫ぶほど、地方政府のレベルでは発覚や処罰を逃れようと策を弄する。その結果、汚職を告発しようとする市民への弾圧や、重大事故などの不祥事を隠蔽する動きが強まり、皮肉にも腐敗が一段と悪化しているのだ。

個人が探偵を雇い調査

1月9日、ネット上で腐敗官吏の告発を呼びか ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。