「図に乗る安倍」に公明党ジレンマ

憲法改正、集団的自衛権、靖国参拝に加え維新と連携。安倍首相につける薬はないか。

2013年3月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

公明党の山口那津男代表の表情がますます冴えない。中国共産党の習近平総書記との会談にこぎ着け、安倍晋三首相の親書を手渡すことに「成功」――。夏の参院選に向け、成果をアピールしようと、2月7日に東京・有楽町の日本外国特派員協会、翌8日の日本記者クラブでの講演日程を組んでいたところに、中国海軍の海上自衛隊護衛艦への射撃管制用レーダー照射が発覚。実績どころか、赤っ恥をかく格好になったからだ。それでも、山口氏は7日の講演で、こう強調した。「親書を届けるという主目的を果たし、政治対話の扉を開く足がかりをつけることができた。関係改善の兆しが出てきている」と。山口氏の言う「兆し」とは1月28日の習氏の講話「平和発展への道」のこと。山口氏と習氏が会談したのはその3日前の25日なので効果覿面(てきめん)と言いたいのだろうが、翌週の2月5日にレーダー照射問題が発覚したのだ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。