NHK「悪平等」賃金に斬り込んだ松本会長

2013年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

歴代NHK会長の誰もが手をつけなかった“聖域”に、JR東海出身の松本正之会長が斬り込んだ。2月12日、今後5年間で基本賃金を10%程度削減する給与制度改革案をまとめ、経営委員会と労組の日本放送労働組合(日放労)に提示した。NHKは第一次安倍政権時代に受信料値下げを迫られ、昨年10月から口座・クレジット払いで月120円引き下げたため、収入減に応じた人件費抑え込みを求められていた。ところが、職員平均年収は1185万円(11年度)と、民間給与に比べて高いとの批判が強かった。そこに満を持して改革案を出したから、経営委員会への説明でも「松本会長は一人で熱弁を振るい、達成感というか気合が入っていました」と同委幹部は言う。無理もない。国鉄民営化で労組との角逐を経験しただけに、松本会長は当初から「上田哲(日放労委員長で社会党国会議員)の遺産」と言われる悪平等排除に意欲を燃やして ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。