岡田和生が「墓穴」を掘った第三者委員会

2013年3月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

本紙12月号で報じたパチスロ大手、ユニバーサルエンターテインメント(旧アルゼ、ジャスダック上場、以下UE)のフィリピン不正送金疑惑は、ロイター通信や朝日新聞なども追及を始め、大証も調査に乗り出した。創業者の岡田和生会長はスラップ訴訟を起こすなど強気だったが、どうやら勢い余って“墓穴”を掘ってしまったようだ。UEはフィリピンで総工費23億ドルのカジノリゾート「マニラベイリゾーツ」建設を進めている。その子会社アルゼUSAが香港の子会社フューチャーフォーチュン(FF)を通じてコンサル料などの名義で支払った4千万ドル(約37億円)が、同国でカジノのライセンスを出す公社(PAGCOR)の顧問ロドルフォ・ソリアーノへの賄賂に充てられたのではないかというのが疑惑だ。UEは1月に元警察庁警備局長の金重凱之、弁護士の内田輝紀、浜田卓二郎の「第三者委員会」を立ち上げると発表、株主・ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。