太陽光訪販「エステート24」が貸金返還訴訟のドロ沼

2013年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

太陽光発電装置の訪問販売で急成長し、100億円超の売上高を誇る「エステート24ホールディングス」(大阪市中央区)に異変が起きている。登記上の創業社長のA氏が1月17日に解任され、代わって横浜市在住のI氏が代表取締役に就任し、本店所在地も横浜ランドマークタワーに変更された。ところが、2月7日に突如、A氏が社長に復帰したのだ。I氏の関係者が話す。「エステート24は、自社株を担保に東京と横浜の金融会社から1億5千万円の融資を受けていたが、期日までに返済できなかったため、譲渡担保権を行使された。A社長は解任され、I氏のほかにも、債権者側の人間が取締役に選任された」。これに対して、A氏は「すべて会社乗っ取りのために仕組まれたもの」と主張。大阪地裁にI氏らの職務停止仮処分を申請。これが認められたため、社長の地位に復帰したという。もちろん、債権者側は黙ってはいない。「A社 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。