アルジェリア「聖戦士」首領の素顔

イナメナス襲撃を計画、行方をくらました男を追い、英国MI6長官はアルジェリアに飛んだ。

2013年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

片目しかない。もう一つの目はアフガニスタンで戦闘中に失われた。だから息子の名は、アル・カイダの最高指導者だった故オサマ・ビンラーディンと同じ名にした。この細面の男、モフタール・ベルモフタールは、サハラ砂漠に潜む寄せ集め兵たちに「砂漠のカリフ」と呼ばれている。腰には反り身の狩猟ナイフ、肩にはサブマシンガン、羊飼いの杖を使って石だらけの大地を闊歩する。部下の目には「砂漠のジハード(聖戦)戦士」のイメージそのものと映った。自己宣伝にも長けていた。西欧の「無信仰の十字軍戦士」を壊滅させ、シャリーア法(イスラム聖法)を広めるためにサハラ砂漠に来た、と主張していた。いつも傲岸不遜だったから、昨年9月にライバルのジハード戦士と砂漠の村の路上で銃撃戦になった。その相手が「イスラム・マグレブ諸国のアル・カイダ」(AQIM)の司令官アブ・ゼイドである。

事前に広がった襲撃の噂

このゼ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。