iPS実用化まず「病気解明」用

再生医療の「作る技術」より「使う技術」が先。創薬に寄与する国家戦略を。

2013年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

1月16日、東京会館で開催されたバイオ関連16団体の賀詞交歓会は再生医療の話題で持ちきりだった。来賓の自民党の細田博之幹事長代行、平将明経済産業大臣政務官は安倍政権が決めたばかりの10年で1100億円のiPS細胞助成を必死にアピールしていた。そんな会場内で、来場者と切れ目なく挨拶を交わしていたのは、京都大学の山中伸弥教授の研究グループの知的財産を管理するiPSアカデミアジャパン社長の村山昇作氏だ。日本のiPS細胞研究は勝てるか否か。そんな見通しを問われ村山氏は「山中教授はノーベル賞を取って地位は盤石となった。iPS細胞作製の基本的な特許も盤石。他の研究グループと比べて優位」と断言してみせた。

「作る」から「使う」へ

iPS細胞の関連技術には「iPS細胞を作る技術」と「iPS細胞を使う技術」があり、どちらもより効率的な手法を構築した者が勝つ。京大グループが盤石なのは前者の「作る技術」だ。ノー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。