ゴミ処理施設で超安値受注大手ゼネコンが手を引く事態

2013年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

埼玉県内の大型ゴミ処理施設の受注を巡り異変が生じている。昨年12月17日、関係者の間で密かに注目されていた入札が実施された。越谷市など5市1町で構成する「東埼玉資源環境組合」が草加市内で建設を予定している「第二工場ごみ処理施設」がそれだ。発注者側が提示していた設計額は341億円。ところが、これほどの大型案件にもかかわらず、なぜか大手ゼネコンが一斉に手を引く事態になっていた。結局、応札したのは新日鉄住金エンジニアリング・日本国土開発、JFEエンジ・鴻池組、日立造船・五洋建設の3JV。落札したのはJFEエンジだが驚くべきはその額。設計額から6割も安い143億円で決着したのだ。「本当にできるのか?」と超安値受注を訝る向きもある。実は入札前、業界では過去の大型案件を巡り不穏な噂が広がっていた。さいたま市が10年1月に入札を実施した「新クリーンセンター」がそれで、応札者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。