B787運航再開遠のく日本勢に思わぬ「火の粉」

2013年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米ボーイング社の最新型旅客機「ボーイング787」に搭載されたリチウムイオン電池の故障・出火問題は長期化が避けられない。東レや三菱重工業、そして電池を手掛けたジーエス・ユアサコーポレーションなどの日本勢が部品・素材の35%相当を供給するだけに「今後の事業計画にも影響する」(大手銀行幹部)との見方も出てきた。ドリームライナーの愛称を持つ787は、従来機とは全く違う技術を取り入れ、軽量化を進めた。この結果、「中型としては極めて長い航続距離を実現した夢の航空機」(大手航空幹部)となり、全日本空輸や日本航空は787を前提に長距離航路の導入計画を温めていた。しかし、相次ぐ電池発火、設備の不調によって787の運航は1月下旬以降、世界で停止された。米運輸安全委員会は2月上旬時点で電池の熱暴走が原因と見て調査しており、認可手続きを見直す必要性も示唆。運航再開は今年下期以 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。