麻生・甘利を騙した白川日銀

貧乏神の最後っ屁。「2%物価目標」を呑んだふりで、金融緩和は目標達成不可能なほぼ「ゼロ回答」だった。

2013年3月号 BUSINESS [「無制限緩和」の詐術]

  • はてなブックマークに追加

安倍政権はいま「三つのA」が中枢と言われているが、その「A」と「AA」の間に“すきま風”が吹きはじめたとの指摘もある。「A」は安倍晋三首相、「AA」は麻生太郎財務・金融相と甘利明経済財政・再生相のイニシャルだ。安倍政権の経済政策「アベノミクス」は、1月末のダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)でも大いに話題になった。「日本に関するセッションが盛況だったのは久しぶり」と出席者が語っていた。アベノミクスとは、金融政策、財政政策、産業政策の「三本の矢」だが、言い得て妙である。金融緩和を主張しているのが安倍首相、財政出動が麻生財務相、産業の成長戦略が甘利再生相で、三本の矢というわけだ。ただし「一本の矢では簡単に折れるが、三本を束にすると容易に折れない」という故事は、経済政策ではあたらない。財政政策は金融政策なしでは意味がないし、産業政策はミクロな企業へ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。