「マルチの教祖」中川博迪が復活

金融庁に睨まれたアイリオ生命を楽天に売り払い、返り咲いたカリスマの目論見。

2013年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

1998年から連鎖販売取引、いわゆるマルチ商法で「無認可共済」(根拠法のない共済)を募集して、ピーク時には数十万人もの会員数を誇ると言われた「エキスパートアライアンス」(EXA、東京・中央区)。しかし、2005年の保険業法の改正により、無認可共済は06年4月から金融庁の監督下に置かれ、生命保険と同じ契約者保護ルールが導入されたため、EXAの創業者で経営の全権を握る社長(当時)の中川博迪(ひろみち)(71)は共済事業を「アイリオ生命保険」として独立させ、形の上では06年6月に経営の一線を退いた。だが、その後も大株主としてEXAの実権を握り続けた中川は12年9月、保有していたアイリオ生命の株式を、同生命の資本業務提携先の楽天グループにすべて売却。そのわずか2カ月後の同年11月、何とEXAの会長兼社長として表舞台に返り咲いたのだ。一部で細々と再開されている無認可共済に再び乗り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。