SBI「嘘の上塗り」200億円対韓出資

益出し装置だった韓国「キズモノ銀行」の会長らが追放され、肩代わりせざるをえなくなったのだが。

2013年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2月7日、韓国紙「朝鮮日報」の日本語版がこう報じた。「韓国の貯蓄銀行最大手、現代スイス貯蓄銀行(現代スイスⅠ)は6日、近く日本の金融持ち株会社であるSBIホールディングスの子会社、SBIファイナンスコリア(ソウル市江南区)を引き受け先とする1941億ウォン(約166億円)の第三者割当増資を実施すると発表した。SBIファイナンスコリアは現在、現代スイスⅠに20.9%を出資する第2位株主で、今回の増資引き受けにより出資比率89%で筆頭株主となる。SBIは現代スイスⅡが行う434億ウォン(約37億円)の第三者割当増資も引き受け、同行の株式94%を取得する計画。現代スイスⅢ、現代スイスⅣは現在、現代スイスⅠが筆頭株主で、SBIが増資を引き受ければ、現代スイス貯蓄銀行のグループ全体がSBI傘下に入る」

ウォン表示の大本営発表

「現代スイス」とは、本誌が昨年10月号と前号で報じたように、銀行とは名ばかりで、信組と消費者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。