富裕層叩き仏増税は「他山の石」

名優ドパルデューらが、資産を守ろうとぞろぞろ国外脱出。憲法会議も違憲と判断。

2013年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

サハラが「第二のアフガニスタン」になるとみて、マリへの軍事介入に踏み切ったこともさることながら、フランスは国内でも富裕層増税で頭を抱えている。フランソワ・オランド大統領率いる社会党政権が、年収100万ユーロを超える高額所得者に対して2年間の期限付きで税率を75%に引き上げる増税策を提案したところ、国内世論が真っ二つに割れているのだ。昨年12月上旬、日本でも映画『シラノ・ド・ベルジュラック』などで知られる名優ジェラール
・ドパルデュー(64)がベルギーへの移住を考えていることを明らかにした。フランスでは、クリスマス休暇期間中はこの話題でもちきりとなった。ドパルデューはフランスで最高水準のギャラがとれる俳優の一人で、レストランの経営やワインの醸造も手がけ、80人の従業員を雇うビジネスマンでもある。年間所得は100万ユーロをはるかに超える。

LVMHのアルノーも脱出

移住先として考 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。