「アフリカ援助」不都合な現実

ノーベル平和賞を盾に、サブサハラでは日本最大の援助先。だが、受賞コンビが決裂するほど、汚職摘発は店ざらしだ。

2013年3月号 GLOBAL [リベリア援助不正疑惑]

  • はてなブックマークに追加

本誌2012年9月号に掲載された「日本のリベリア援助が『槍玉』」の記事に対し、日本の外務省(広報室長、山下恭徳名)が抗議を寄せた。記事は西アフリカのリベリアに対し日本政府が供与した11億円の資金援助をめぐるスキャンダルだったが、この資金によって購入した石油を管理した国営輸出・流通会社、リベリア石油精製会社(LPRC)の前会長の証言(現地紙への寄稿)に「事実と異なる記載がある」「日本のODA(政府開発援助)に誤解を与え」「日リベリア友好関係にも影響を及ぼしかねない」という内容だった。その後の推移も含めて反駁しよう。就任半年で辞任したネグバリ・ワーナー前会長が指摘したのは、同社のT・ネルソン・ウイリアムズ常務取締役が、民間の一企業にすぎないアミナタ・アンド・サンズに入札もせずに石油製品の販売権を与え、販売して得たはずの売り上げの一部が行方不明になっている ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。