iPhone5の緊急地震速報「混信」でSBMトホホ

地震が起きていないのに鳴りだして、慌てて見れば広告。ユーザーが頭に来て「プチ炎上」になった。

2013年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨年11~12月、ソフトバンクモバイル(SBM)のiPhone5ユーザーの間で、ちょっとした騒ぎが起きた。一部iPhone5の「緊急地震速報」が、地震が発生していないのに鳴りだす現象があったからだ。マナーモードに設定していたはずの端末がけたたましく鳴れば、すわっ、地震かと誰しも身構える。ところが、メッセージを読むと、地震や災害とは無関係のゲームの広告や緊急性のない通常のニュース配信だった。警報がソーシャルゲームの宣伝だったりしたのだから、ユーザーが面食らうのも当然だろう。 その時点で緊急速報が流れたのは、一定の条件を満たすユーザーに限られていたため、事は大きくならなかった。だが、12月7日は違ったのである。東北地方でマグニチュード7.3の強い地震が発生、宮城県には津波警報も発令され、「東日本大震災を思い出してください」と連呼するNHKのアナウンサーの声に、「3・11」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。