「軽減税率」で新聞は公明党に縋る

「消費税率を上げても新聞だけは据え置け」という、虫のいい主張を押し通す新聞協会。

2013年3月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「新聞への課税強化は民主主義と文化の発展を阻害する」として、消費税率を8%に上げる時に新聞などへの軽減税率の適用を求めた日本新聞協会(会長・秋山耿太郎朝日新聞取締役会長、132社加盟)の陳情が、政府に退けられた。新聞業界のショックは隠せず、政治力と発信力を武器に、第二ラウンドでの巻き返し策を検討しているが、前途は多難である。自民、公明両党は1月24日、第2次安倍晋三政権の発足後、初めての税制改正となる2013年度税制改正大綱を決めた。消費税率を2014年4月に5%から8%へ引き上げる際、税率を低く抑える軽減税率を導入するかどうかが焦点だった。だが、大綱は、「消費税率を15年10月に10%へ引き上げる時に軽減税率制度を導入することをめざす」と明記した。自民、公明の与党税制協議会で近く議論を開始し、「今年12月の14年度税制改正決定時までに結論を得る」としている。10% ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。