「鬼は内」の中国レーダー照射

2013年3月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

日中がどこかで軍事衝突を起こす嫌な予感がする。尖閣沖100キロの公海上で海上自衛隊の護衛艦「ゆうだち」に対し、中国海軍のフリゲート艦が火器管制レーダーを照射した。砲撃の照準を合わせる準備行為だから、領空侵犯と同じく迎撃が許される「挑発」であり、安倍政権の肝試しにしてはちょっと度が過ぎた。皮肉なことに、習近平政権は国内で「反腐」(腐敗浄化)のレーダー照射に曝されている。ウェブサイト「人民監督網」を主宰するフリージャーナリスト朱瑞峰が、18歳の美女と淫行中の57歳の重慶市地区党幹部、雷政富のVTRをネットに載せた。実は、失脚した薄熙来の腹心だった王立軍が仕掛けた「蜜の罠」なのだが、没収した画像を誰かが流出させたらしい。あられもない「美女と野獣」のポルノは庶民の嘲笑と罵声を浴び、脛に傷を持つ他の党幹部は背筋が寒くなっただろう。朱は一夜にして英雄になった ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。