アコーディア「TOB失敗」の裏の裏

旧村上ファンド系の投資ファンド「レノ」が買い漁り。20%を超える保有株の売り抜けが焦点。

2013年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

絵に描いたような大どんでん返し。ゴルフ場業界2位のPGMホールディングスが首位のアコーディア・ゴルフに仕掛けた敵対的TOB(株式公開買い付け)が不成立に終わった。TOBへの応募総数は17万4580株と、アコーディアの発行済み株式の16.6%にとどまり、買い付け予定の上限である50%はおろか、下限の20%にも届かなかった。PGM側の完敗だ。TOBはPGM社長の神田有宏がアコーディアとの経営統合を目指し、PGMの大株主のパチンコメーカー「平和」の事実上のオーナーである石原昌幸と組んで仕掛けた。古巣のアコーディアを乗っ取りたい神田とゴルフ業界制覇を狙う石原が、ほぼ2年がかりで進めてきた謀略の詳細は、本誌1月号で紹介した通りである。

村上譲りの恫喝に屈服

PGMはアコーディア株のTOB価格をTOB発表時の株価より5割以上高い8万1000円に設定し、一方で「TOBの買い付けの上限は50%、それ以上の応募があっても買い付けな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。