ジキルとハイド「特許の邪鬼」

日本の草分け、名古屋の弁理士に懲戒処分請求。知財の隙間に咲く徒花か害虫か。

2013年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「パテント・トロール」という言葉がある。パテントは特許。トロールは、北欧の伝説上の邪鬼。自らは製品の製造・販売を行わないのに、特許申請して保有、敵対的訴訟などを仕掛ける集団のことを言う。国内外で特許など知的財産(知財)の重要性が高まり「知的財産戦略大綱」が定められたのは、小泉純一郎政権下の2002年7月。知的財産高等裁判所などが整備されたが、パテント・トロールはまだ「得体の知れない妖怪」という位置づけだ。事例も少ない。07年1月、特許庁の幹部らが専門誌に寄稿した論文では「日本での深刻な懸念は認められない」となっており、理由は「有名な事件が1件のみ」だからだ。特許管理などを扱う弁理士設立の企業エイディシーテクノロジー(ADC)が03年、2画面携帯電話に関する特許を取得、ドコモなどを特許侵害で訴えたケースだ。結果はドコモの勝訴に終わったが、以来、ADCは日本 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。