白旗開城でも日銀は「猫っかぶり」

2013年2月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

「勝利には千人の父親がいるが、敗北は孤児である」。52年前、ジョン・F・ケネディ米大統領が吐いた名言だ。就任早々、キューバのピッグス湾に米軍支援の傭兵部隊を上陸させたが、カストロ打倒作戦は無残な結末を迎えた。勝てば官軍、負ければ賊軍。日本にもそういう諺がある。非情な政治に「ノーサイド」はない。翻ってわが日銀。1月21、22日の政策決定会合で安倍政権が求める「2%物価目標」を受け入れ、蝸牛(かぎゆう)の歩みだった金融緩和のアクセルを踏む。白川方明総裁は任期の最後で白旗開城の屈辱、まさに「日銀ハルマゲドン」だ。ところがどっこい、暮れに新聞の単独インタビューに応じた総裁は、日本をデフレに閉じ込めた失態を一言も認めず、データ操作で捏造した「デフレの人口減少原因説」を撤回しなかった。本石町を枕に討ち死にする根性もなく、政権迎合で中央銀行の独立性を自ら放棄 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。