中国空母「離着艦」成功の英雄に腐臭

欠陥戦闘機の開発責任者に「烈士」の称号で、軍内部から不満の声。習の汚職退治は人気取りだ。

2013年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国の習近平(シージンピン)体制がスタートして2カ月余り。カリスマ性を欠く習は、最高指導者としての権威を高めようと躍起になっている。党総書記に就任した3週間後、最初の地方視察として広東省深圳市を5日間にわたり訪問。21年前に改革開放の加速を指示した鄧小平(トンシヤオピン)の「南巡」の足跡をたどりながら、行く先々で改革の重要性を強調した。民衆の期待が強い汚職退治の動きも急だ。習体制の発足後、地方政府の高官の摘発が相次いでいる。その中には四川省党委員会副書記で、2012年11月の共産党大会(18大)で中央委員候補に選出されたばかりの李春城(リーチユンチヨン)のような大物も含まれている。しかし筆者に言わせれば、これらは習の政治的パフォーマンスに過ぎず、改革は1ミリも前進していない。真実の神は細部に宿る。中国の官製メディアが大量に垂れ流すヨイショ記事より、そ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。