橋下大阪市長に「税金返せ!」の監査請求

2013年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「自治体の首長と党首が両立できるのか」と問われると「寝る時間や遊びの時間を削って国政に向ければいい」と受け流し、「今の仕事が不十分かどうかを見てもらいたい」と自信満々だった橋下徹大阪市長(日本維新の会代表代行)。だが、総選挙という嵐の前には、さすがの橋下市長も大阪市政を顧みる余裕はなかったようだ。11月16日衆院解散には誰もが慌てたが、大阪市議会は橋下市長の対応に度肝を抜かれた。開会中の市議会に提案予定の橋下維新の金看板「大阪都構想」関連の条例案の提案を見送ったのだ。市長不在を覚悟した市議会は会期途中での日程打ち切りを決めた。議案審議はおよそ2カ月遅れることになったが、時間を確保した橋下市長は早速、太陽の党との交渉や選挙運動にとりかかり、実に21都道府県8600キロを「維新の顔」として駆け巡って、大阪市には立ち寄る暇さえほとんどなかった。大阪市に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。